お知らせ

うさぎの飼い方と気を付けるポイント

ペットクリニックりあん川西病院ではエキゾチックアニマルの診療に力を入れています。特にうさぎさんは長い耳と丸いフォルムの愛らしさから人気が高く、家族に迎えられることも多いです。今回はそんな愛らしいうさぎさんに快適に過ごしてもらうにあたって、気を付けることを獣医師が解説していきます。

ケージの選び方

ケージを選ぶときの重要なポイントは3つです。

 

1.快適さ

快適さで重要なのはケージの広さです。ケージの広さは体の大きさに合わせて購入しましょう。

うさぎさんにもそれぞれ体格に違いがありますし、成長したらもちろん体は大きくなります。成長しても窮屈にならないよう、今後の生活イメージしてケージの広さを決めてあげましょう。

 

2.安全性

安全性で一番気をつけたいのが床材です。鉄材のような硬すぎる床では足の裏に負担がかかってしまいますので、やわらかい素材を選んであげましょう。

そして、掃除をしやすいように床材に隙間が開いたもの(すのこなど)を使用することは多いですが、床の隙間が大きすぎると足が入り込んでしまいケガの原因になることがありますので注意が必要です。
 

3.掃除のしやすさ

引き出し式のトレイやキャスター付きのケージもお勧めです。こまめにお掃除してあげてお互いに快適な環境を維持できるといいですね。

引き出し式トレイは汚れたものをうけてくれて、引き出すだけで簡単に掃除ができます。こまめに掃除すれば匂いも気にならず、お互いに快適な環境を維持することができます。

ケージ自体が重いと動かすのも一苦労ですが、キャスターがついていたら、お掃除のたびに動かせてケージの周りもしっかりお掃除できます。
 

トイレは覚えるの?

うさぎさんはトイレの場所を覚えるのでしょうか?実は、おトイレ(特におしっこ)の場所を覚えてくれることもあります。うさぎさんは、自分の臭いがするところでおしっこをすることが多いので、トイレにしたい場所におしっこのにおいがついたものを置いておくと、トイレを覚えるきっかけになるかもしれません。

      

うさぎの好きな温度とは

うさぎさんの生活に最適な温度は、18~24℃といわれています。熱すぎたり寒すぎたりしないように温度管理を行ってあげてくださいね。

また、穴の中で生活する動物ですので直射日光に弱いです。日が直接当たらないような工夫を心掛けましょう。

    

うさぎのエサはどんなものが良い?

うさぎさんが食べる野菜といえば、にんじんのイメージが強いと思いますが、野菜の与えすぎには注意が必要です。

栄養バランスを考えると、ペレットや牧草をメインに与えましょう。よく利用される牧草の種類としては、チモシーやアルファルファがあげられます。

 

うさぎの病気について

うさぎさんがごはんを食べなくなったら一大事です。早急な治療が必要な「胃腸うっ滞(毛球症)」の可能性があります。

胃腸うっ滞は、胃腸の動きが弱くなることが原因で起こります。多くのうさぎさんに見られ、病状が急激に悪化しやすく、場合によっては命に関わる怖い病気です。胃腸うっ滞のうさぎさんでは以下の症状がみられます。

  • 食欲不振
  • 元気消失
  • うんちが出なくなる、または少なくなる
  • お腹を触ると嫌がる
  • お腹が張っている
  • 痛みで体を丸める

そもそもなぜ胃腸の動きが弱くなってしまうのでしょうか?原因は不適切な食事、不正咬合のような歯の病気やおなかの病気、それらによる痛みのストレスなど、様々です。

うさぎさんは体調が悪かったり、病気にかかっていても気づかずに苦しんでいることがあります。大切な家族の小さな変化を見逃さないよう、日々のスキンシップに加えて、食事の量やうんちをチェックする習慣をつけましょう!

 

まとめ

うさぎさんはとてもデリケートな動物です。胃腸うっ滞に限らず、数日様子を見てみよう・・・の数日が命に関わる場合もありますので、少しでも「普段と様子が違う?」と思うことがあれば、早めに動物病院で診てもらうようにしましょう。